永久仮称

ゲーム関係、本、映画などの日記

定番的異世界と聞いて転生したが現実的なようだ

ツイッターで話題になっている議論がある。

全体の流れとして、「彼方のアストラ」はSFとして強引だとAmazonで低評価がついた事が発端だ。

それに対して作者やSFファンを巻き込んで議論が発生している。

細かくは作者の一連のツイートを見てもらうとして、作品として考証してるし、読者層や作品の方向性から細かく説明していないし強引さも理解しているというのだ。

それはそうだ。フィクションであって未来予想ではないのだから。

 そして議論の方向はSFが少なくなってきた原因は、この手の科学考証警察が増えて邪魔してきているというのだ。

また、逃げ先のファンタジー作品にも中世ヨーロッパ世界警察が増えた為、ゲーム的ファンタジー世界ばかりになった原因だと言うのだ。

まあ、この点は一理あるが、私の持論として高度経済成長期は未来に希望があるからSFも発達し売れるとも考えている。

 

とはいえ、ちょうど科学考証や中世ヨーロッパ世界考証しながら書いていた異世界ものを書きかけながら投稿をはじめた。

定番的異世界と聞いて転生したが現実的なようだ

ルールとして現代知識チートとしての知識は一般人が高校までの学校やTV、ゲーム、一般書籍を中心として、それらに付随する無料で手に入る知識。知識源は出来る限り明かす。問題ならないようにボカすが。

 中世ヨーロッパ世界考証は素人がWikipediaなどで調べつつ書いているので遅いのは仕方ない。

地球に似ている理由、魔法がある理由、異種族なども裏設定として用意する。

 ネタ元としてCivと銃鉄病原菌は外すつもり。

 

あと彼方のアストラとDr.STONEは今一番面白いので、SF好きの人は見てほしい。

 

手作り石鹸(作ってない)

しばらく前の鉄腕ダッシュで灰と植物油から固形石鹸作っていたけど、油が特殊なのだろうか?
普通の固形石鹸は水酸化ナトリウム使うのだが、木灰のカリウムで代用する場合は塩析出来ないから固形化し難いって見かけるのだが。

大雨迫る盆に天気の子

台風が迫る最中の盆に天気の子を観てきた。先日聴いたユアストーリーのネットラジオで絶賛されていたので気になってしまったのだ。

評判通り面白かった。新海誠監督の作品は4本くらい観た気がするがどれも途中でやめてしまうのが、最後まで見きった程に楽しめた。

アールグレイさんの00年代美少女ゲーム説もなんとなくわかる気がした。監督本人も実績あると言ってるし。

PS2版天気の子を俺たちは遊んだことが有る気がしてならないんだ。 - セラミックロケッツ!

ただ、何年も雨が降ってるなら淡水の輸出で一儲けできないかなとか、雨水路と下水が分離できてないからオリンピックで問題になってるんだよなとか、余計な事ばかり考えてしまった。

やはりこの監督と相性良くないのだろうか。

ユアストーリーについてネタバレ感想

放置していたはてなダイアリーからはてなブログに移転しての初記事。

 

8月3日に映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を観てきた。一応、擁護、肯定するつもりで感想を書く。

私は元々観る気は無かった。

SFC版DQVで普通の選択は嫌だ一点でフローラを選ぶひねくれ者だったし、タイトルからして「お前の物語」というメタ構造を明らかにしていたので、高いカートリッジを買う場面とか、スマブラのように勇者勢揃い召喚くらいはあると踏んでいた。だがDQVの映画化のようなプロモしか出てこない。そのため事前情報も自分から調べずに様子見のつもりだった。

しかし最後の10分間で裏切られ、実写版デビルマン並みの酷い映画だとツイートが流れてきたのだ。これは観なくてはいけない!観ないで感想してはいけない!

 

以下ネタバレ

 

 

 

 

結論から言うとデビルマンのような手のつけられない状態ではない。DQ5ファンがDQ5映画だと思って観たら火をつけたくなる内容だと言うのは理解する。だが最初からメタフィクションだと思っているとそこまででは無い。映像は美しいし、音楽も辛うじてDQの範疇だ。問題はシナリオだけだ。

シナリオとて事前に予想していたので最後の15分前に前振り2点が気がついた。

  • フローラ限定のVR設定を解除する場面。
  • 母をはじめとして複数回の台詞で「今回は」と言っている
  • 後から気がついたがスラリンが強制参加するのもそうだろう

設定が色々と違うのはメディアの制約で仕方ないと踏んでいる。映画という制約もあるがVRという劇中設定もある。あのVRでは時間制約の他にリボンを取りだすような強制動作もできない。ヘタレなのはゲームでは自分の分身であった主人公が、プレイヤーの分身だからだ。

VR設定を最初から明かせば感想も違っただろう。

その他シナリオの問題点は以下だ。

なぜ幼少期をSFC版でのダイジェストなんだ。これでSFC版の追体験のいう構図を観客にさせ怒りの原因となっている。別物という前振りする必要があったろう。

VRという前振りはあってもウィルスという前振りがない。その為唐突なラスボスとなり二つ目の怒りの原因となっている。

ウィルス作者の大人になれというメッセージも意味不明だ。全く理解できないメッセージにするくらいなら愉快犯の方がマシだ。

フローラが薬渡すのはウィルスと関係なくシナリオのバグだろ。

記憶操作出来るならVRの意味はない。楽しんだという記憶を植えつければ良いのだ。VRという流行に乗っただけの考え無しに過ぎない。

 

なんか擁護が少ないので他の人の感想に指摘してみよう。

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」レビュー ゲームを、フィクションを、人生をここまで愚弄する作品を私は他に知らない (1/2) - ねとらぼ

ねとらぼ記事ではメタフィクションの前例として映画版ネバーエンディングストーリーを挙げていたが、原作者には悪いが楽しんで観た口だ。通常ならば介入できない書籍に対して手助けするというのはドラえもんにも出てきたがワクワクする構図だ。

ただし元々インタラクティブなゲームに対して介入するのは構図が異なると思う。どちらかというとバグ技だとか悪しき製作者に対抗するとかゲームセンターあらしより続くゲーム漫画の系譜と思われる。

……やはり擁護になって無いな。

 

 

某所の未来のスクエニがDQVをVRでクソリメイクしたのが悪いという説は笑った。

名作ゲーム記念日bot

なんとなく思い立ったのでtwittbotを使ってツイッターのボットを作成してみた。
[twitter:@game_day_bot]
早朝にに過去のハードやソフトの発売日を記念日として呟くのと、なつかしい台詞を時々呟く程度だ。

ううむ、ネタの引き出し少ないなぁ。
記念日も一日に数回つぶやきたいのだが200件までしか登録できんし、時間は必ず指定の必要がある。本格的にやるならサーバとか借りてスクリプト組むしか無いのかな。

追記

名前を変更した

iOSで使用できるICS形式ゲーム発売日カレンダー

ファミコンプラザさんにてgoogleカレンダー用のゲーム発売日カレンダーが公開されている。

これをiPhoneなどのiOSで使えるICS形式へリンクにしてみた。これをsafariから読めばオフライン状態のiPod touchiPadのカレンダーで近日発売のゲーム発売日が確認できるはずだ!
需要あるかなぁ。

メモ:年末に気になるソフト

★=購入確定
◎=買うかも?